i-Construction(アイコンストラクション)とは

国土交通省の建設生産システム革命

2015年11月、国土交通省は建設現場の生産性向上を目的として、ICT技術を活用する取組み『i-Construction』を推進すると宣言しました。2016年3月30日には「ICT技術の全面的な活用(土工)」の実施方針が表明され、3次元データによる15の新基準や新たな積算基準が2016年4月より導入されています。大企業を対象とする工事では、ICT活用施工を標準化、地域企業を対象とする工事では、「手上げ方式」(施工者からの提案)を基本的な考え方となります。土工等の分野について抜本的な生産性向上を図り、全体として技能労働者一人あたりの生産性の向上を目指しています。

i-Construction(アイコンストラクション)の3つの柱

 

「i-Construction」(アイコンストラクション)の目指すもの

■一人一人の生産性を向上させ、企業の経営環境を改善
■建設現場に携わる人の賃金の水準の向上を図るなど、魅力ある建設現場へ
■建設現場での死亡事故ゼロに
■「きつい、危険、きたない」から「給与、休暇、希望」を目指して

※「i-Construction」は国土技術政策総合研究所の登録商標です。

ICT技術の全面的な活用(土工)

↑↑画像をクリックすると拡大表示されます。

「i-Construction」を支援する”福井コンピュータソリューション”

各項目をクリックすると機能説明を確認できます。 ↑↑画像をクリックすると拡大表示され、各項目をクリックすることで機能説明を確認できます。

ページトップ